トミー・リー・ジョーンズを勝手に鑑定!

最近、映画「ダブル・ジョパディー」を見ました。
缶コーヒー「boss」のCMでもお馴染みのトミー・リー・ジョーンズ氏が、主役を見守る(?)保護観察官として出演していました。出世作「MIB」では「真面目に演じていてもどこかコミカル」という理由で抜擢されたそうですが、真面目な役もかっこいいですね。
今回は、そんなトミー・リー・ジョーンズ氏を勝手に鑑定してみたいと思います!
 

トミー・リー・ジョーンズ氏の人となり

自由を求め、ロマンを愛する人です。
そして、学び続けるという使命を持つ人。
(ここまではベネディクト・カンバーバッチ氏と同じですね。)
なかなかバランスよく、いろんな資質をお持ちです。
(偏っていることで天才型になることもあるので、バランスがいいことが必ずしもいいこととは限りません。)

穏やかで話しやすい人、という第一印象を持たれることが多いのではないでしょうか。
しかし、内面は結構クール。
愛情深い人ではありますが、理知的なので、人によっては「冷たい」と感じることもありそう。
それでも、他者に喜んでもらうことで自分も喜ぶことができる人です。
そして几帳面。場合によっては細かいと思われることもあるでしょう。
感受性が豊かなので、相手の気持ちを理解することが得意だと思います。
ただし、表立って共感したり心配したりするというよりは、そっと気にかけていてくれそうです。
(トミー・リー・ジョーンズ氏が上司だったら、素敵でしょうね!)

演技においても、まずは観察し研究して役を知り、それから共感するタイプだといえます。

才能を見ていくと、やはり学ぶこと、習得することがとても得意です。
ただし、得意なことと好きなことが同じとは限りません。
彼が満たされるのは、自分が必要とされている場において。
ファンに応援してもらったり、自分の演技を大切な人が喜んでくれることで「やってよかった」という気持ちが芽生えそうです。
賞をもらうとか、著名人に評価されるというよりも、日常の中の充実感をしあわせと感じられる人。
俳優の道は、彼にとっては学ぶこと、発見することの多い道なのだろうと思います。

 

トミー・リー・ジョーンズ氏の今後

2014年からの10年間は、のんびり穏やかな雰囲気です。
それまでの20年間は自分のやりたいように伸びていく期間でしたが、もうしばらくは仕事以外の部分が充実した10年間になりそうです。
ただ、今年は特に身内との揉め事が起きやすい時。
家族や近しい人との関係に気をつけるといいと思います。

また、もともと精神的に病みやすい傾向があります。
もし今まで大きな問題がなかったのであれば、今後問題がでてくる可能性もあります。
あくまでも傾向なので、ストレス等うまく発散できればだいじょうぶでしょう。

2020年は、エネルギーに溢れすぎて動きすぎてしまうかも。体調にはくれぐれも気をつけて。
2022年は未来が広がっていくような年です。
また新たな一面を見せてくれるのでしょうか。今後も楽しみにしています。