月天中殺について

私にとって、2月と3月は天中殺の時期に当たります。
(東洋占星術でいう月の区切りは、カレンダー上の1日ではなく、節気を区切りとしています。そのため、正確には立春(2月)から清明(4月)の前日までが、東洋占星術でいう2月と3月です。)(2017年で言うなら、2月4日から4月3日までです。)

 

天中殺って何?

天中殺とは、120年に20年(大運天中殺)、12年に2年(年天中殺)、12月に2月(月天中殺)誰にも等しく巡ってくる季節のこと。特に年天中殺と月天中殺では「悪いことが起こる」と言われがちです。
(参考記事:天中殺の時期に新しいことをはじめるのはだめなのか?

この時期は「天の加護が受けられないため吹きっさらしの状態になる」なんて言われ方もします。
それまで温室でぽかぽか育てられていた植物が、2ヶ月だけ外にさらされるようなイメージ。
今までぽかぽかとあたためてくれていた太陽は直接ぎらぎらと照りつけ、夜になると気温の低下が身にしみる。
しかし2ヶ月たてば元に戻れるので、じっとして待っていようという季節です。
(たとえば、夜寒いからと言ってこの時期にストーブを設置してしまうと、温室に戻ったときにそのストーブが不要になってしまいます。1万円程度のストーブならともかく、何百万と設備投資してしまうと後が大変。これが、天中殺の時期に就職、結婚、起業、家の購入など、大きく物事を動かさないほうがいいと言われる所以です。)

 

私の天中殺の過ごし方。

2月3月に月天中殺を迎えるタイプの人は、天中殺の時期にあれこれと動きがち。
しかし、これは車の給油ランプが点滅しているのに、新しい目的に向かって走り出してしまうようなもの。
出だしが好調でも、やがてガス欠を起こしてしまいます。
特に、天中殺も明けた5月くらいに燃え尽きてしまう人が多いです。
(正に5月病ですね。)

私の天中殺の過ごし方としては、なるべく予定を入れないことです。
なんとなく本調子じゃないなあと感じる日が多いので、休む時間をとれるようにスケジュールに余裕を作ります。
(2年前は2週間のアメリカ旅行をぶちこんでしまいましたが、あれこれ動き回っていろいろ見に行ったりする気力が湧かず、ゆっくりのんびり過ごす旅行になりました。)

それから、今年は特に春以降動き出すための準備を着々と進めています。
新しい計画が3本、同時進行で進んでいます。
占いについても、新しいメニューやプログラムを用意しています。

春が待ち遠しいですね。