トミー・リー・ジョーンズを勝手に鑑定!

最近、映画「ダブル・ジョパディー」を見ました。
缶コーヒー「boss」のCMでもお馴染みのトミー・リー・ジョーンズ氏が、主役を見守る(?)保護観察官として出演していました。出世作「MIB」では「真面目に演じていてもどこかコミカル」という理由で抜擢されたそうですが、真面目な役もかっこいいですね。
今回は、そんなトミー・リー・ジョーンズ氏を勝手に鑑定してみたいと思います!
 

トミー・リー・ジョーンズ氏の人となり

自由を求め、ロマンを愛する人です。
そして、学び続けるという使命を持つ人。
(ここまではベネディクト・カンバーバッチ氏と同じですね。)
なかなかバランスよく、いろんな資質をお持ちです。
(偏っていることで天才型になることもあるので、バランスがいいことが必ずしもいいこととは限りません。)

穏やかで話しやすい人、という第一印象を持たれることが多いのではないでしょうか。
しかし、内面は結構クール。
愛情深い人ではありますが、理知的なので、人によっては「冷たい」と感じることもありそう。
それでも、他者に喜んでもらうことで自分も喜ぶことができる人です。
そして几帳面。場合によっては細かいと思われることもあるでしょう。
感受性が豊かなので、相手の気持ちを理解することが得意だと思います。
ただし、表立って共感したり心配したりするというよりは、そっと気にかけていてくれそうです。
(トミー・リー・ジョーンズ氏が上司だったら、素敵でしょうね!)

演技においても、まずは観察し研究して役を知り、それから共感するタイプだといえます。

才能を見ていくと、やはり学ぶこと、習得することがとても得意です。
ただし、得意なことと好きなことが同じとは限りません。
彼が満たされるのは、自分が必要とされている場において。
ファンに応援してもらったり、自分の演技を大切な人が喜んでくれることで「やってよかった」という気持ちが芽生えそうです。
賞をもらうとか、著名人に評価されるというよりも、日常の中の充実感をしあわせと感じられる人。
俳優の道は、彼にとっては学ぶこと、発見することの多い道なのだろうと思います。

 

トミー・リー・ジョーンズ氏の今後

2014年からの10年間は、のんびり穏やかな雰囲気です。
それまでの20年間は自分のやりたいように伸びていく期間でしたが、もうしばらくは仕事以外の部分が充実した10年間になりそうです。
ただ、今年は特に身内との揉め事が起きやすい時。
家族や近しい人との関係に気をつけるといいと思います。

また、もともと精神的に病みやすい傾向があります。
もし今まで大きな問題がなかったのであれば、今後問題がでてくる可能性もあります。
あくまでも傾向なので、ストレス等うまく発散できればだいじょうぶでしょう。

2020年は、エネルギーに溢れすぎて動きすぎてしまうかも。体調にはくれぐれも気をつけて。
2022年は未来が広がっていくような年です。
また新たな一面を見せてくれるのでしょうか。今後も楽しみにしています。

ドミニク・パーセル氏を勝手に鑑定!

前回は海外ドラマ「プリズン・ブレイク」の主役マイケルを演じた、ウェントワース・ミラー氏を鑑定してみました。今回は「プリズン・ブレイク」ではウェントワース・ミラー氏の兄役を、「レジェンド・オブ・トゥモロー」ではコンビ役を演じるドミニク・パーセル氏を勝手に鑑定してみました。

 

ドミニク・パーセル氏のひととなり

ひとことでいうと、ものすごく個性の強い方です。確立した「自分」というものをしっかり持っていて、マイペース。そして現実的。といっても人当たりがよいので、初見ではその芯の強さはわからないかもしれません。相手の話は聞く。けれども最終的に自分の決めたように行動する人です。
ひとりでいる時間もきっと大切にしているでしょう。とはいえ、他人との関わりは彼にとって大切なものです。
発想が自由で、「一般的にはこうするもの」という世間の常識を軽々と超えていきます。そして、のんびり気ままな生活が好き。他者からどう思われるかということがあまり気にならないので、周りがみんな敵であったとしても自分の向かうべき道を行きすべきことをするだけという、なんだかまるで侍のような方のようです。

ウェントワース・ミラー氏の星図と比べてみると、なんだか似ている要素をたくさん持っています。多くを語らなくてもなんとなくわかりあえる関係でしょう。美味しいものが好きなところも一緒。向かいたい方向はふたりとも似ているのですが、ミラー氏が論理的に「どう行けば辿り着けるか」を計算するタイプなのとは対照的に、パーセル氏は「あっちに行きたいから行く」と何も考えず向かって行ってしまうタイプ。しかし、たとえ途中に藪があろうが川があろうが、力押しでなんとかしてしまうほどのパワーがあります。

26歳からの10年間は、精神的に追い詰められるようなことがあったかもしれません。エネルギーが強すぎて、自分をも焦がしてしまいそうな配置でした。(エネルギーは多ければいいというものではありません。エネルギーの量にあった過ごし方があります。)
その後はだいぶ落ち着いて、2015年までは他人に対して関わりたくなる時期、2016年からは日々の暮らしを大切にする時期に来ています。エネルギーとチャレンジ精神に溢れるパーセル氏ですから、気持ちが外へ向かうことが多いのではないかと思いますが、この時期は自分のいるところにより意識が向きそうです。
 

ドミニク・パーセル氏の今後

パーセル氏も来年から天中殺。ミラー氏と一緒ですね。ここまでをどう過ごしてきたかでこの2年間は変わります。そして、2020年は春のはじまりでもあり、ものごとが不思議な広がりを見せそうな年です。暖かい雰囲気の年ですから、仕事をがつがつというよりは、それ以外の部分に広がっていきそうな年です。

ウェントワース・ミラー氏を勝手に鑑定!

私は海外ドラマが結構好きでいろいろ見ましたが、何よりもはまったのは「プリズン・ブレイク」。主人公のマイケルとその仲間たちはもちろん、敵も味方も魅力的なキャラクターぞろいで、何度も繰り返し見ていました。(みんな好きだけど、アレックスとティーバッグが大好きです!)

そのプリズン・ブレイクが、満を辞して復活!
(参考:「プリズン・ブレイク シーズン5」公式サイト
なんと今夏から放送のようです。ただし、うちにはテレビがないのでDVDの発売待ち。マイケルたちの活躍が今から楽しみです。

今回は、主役のマイケル・スコーフィールドを演じるウェントワース・ミラー氏を、東洋占星術で鑑定してみました!

続きを読む “ウェントワース・ミラー氏を勝手に鑑定!”

ロバート・ダウニーJr氏を勝手に鑑定!

ロバート・ダウニーJr氏が大好きです。

はじめて見たのは「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のカリスマレポーター、ウェイン・ゲイル。脇役でありながらも強烈な個性で、主役のふたりと同じくらい私の記憶に残りました。とにかくしゃべる。しゃべる。しゃべる。そして早口。しかしテンポや抑揚の強弱でその語り口に引き込まれてしまうのです。

しかし、彼がアメコミヒーロー役をやると聞いたときには、まったくぴんと来なくて見に行きませんでした。まさか、あんなにはまり役だったとは!!! 今ではすっかりアイアンマンとアベンジャーズ(そして関わるすべてのMCUのキャラクター)の大ファンです。

前回のベネディクト・カンバーバッチ氏とは、MCU作品の主演というだけでなく、シャーロック・ホームズ役という共通点もあります。今回はそんなロバート・ダウニーJr氏を勝手に鑑定してみました!

続きを読む “ロバート・ダウニーJr氏を勝手に鑑定!”

ベネディクト・カンバーバッチ氏を勝手に鑑定!

ベネディクト・カンバーバッチ氏主演「イミテーション・ゲーム」(2014)を見ました。

「Amazonビデオでおすすめに表示されたから」という理由だけで(プライム会員だと見放題なのです)なんの予備知識もなく見ましたが、とても見応えがありました。映画の舞台となっている第二次世界大戦当時の情勢に想いを馳せたり、実話ベースだという主人公たちの選択の結果について考えてしまったり。
静かながら余韻の残る、美しい映画でした。

主演のベネディクト・カンバーバッチ氏は、2015年には大英帝国勲章コマンダーを授与されているそうで、現在公開中のMARVEL作品「ドクター・ストレンジ」でも主役を務めています。まさに今話題の俳優さん!
そこで今回は、ベネディクト・カンバーバッチ氏を勝手に鑑定してみました。

続きを読む “ベネディクト・カンバーバッチ氏を勝手に鑑定!”