自分がどの季節を過ごしているのかを見極める。

東洋占星術では、自分自身の個性のほかに、自分が今どんな季節にいるかを見ることができます。

 

人は、それぞれの季節を生きている

同じ時間軸に生きていても、北半球にいる人と南半球にいる人では、迎えている季節が違います。北半球が冬で雪が降りしきっている同じ時間に、南半球では夏を迎えていて、海水浴を楽しんでいる人がいる。

同じように、東洋占星術の世界ではそれぞれの人がそれぞれの季節を生きていると考えます。
春と夏と秋と冬がある。それは変わりません。
しかし、季節が巡ってくる時間軸が違うのです。

「自分がこんなに苦労しているのに、あの人ばかりうまくいっている」と思うことはありませんか?
もしかしたら、あなたは今冬真っ只中で、相手の方は夏真っ盛りなのかもしれません。

 

季節があることを知る

もし、冬の寒さのせいで物事が滞っているだけなのに、周りと比べて「自分だけがうまくいかない」と思い込んでいるとしたら。

そんなのもったいない。

あなたにも必ず夏が来ます。そして、相手の方にだっていずれ冬が来ます。
それを知ってさえいれば、「自分だけがうまくいかない」なんてことはないとすぐにわかります。物事にはタイミングがある。そのタイミングを待てばいい。

しかし、一度「自分はうまくいかない」「いつも報われない」と思い込んでしまうと、せっかく冬が明けて春が来ても、それに気がつかないということが起きます。
春は種まきの季節。
春に蒔いた種が、すくすくと育ち、夏に綺麗な花を咲かせます。
しかし、「自分はうまくいかない」という思い込みから「どうせ何をやっても無駄だ」と思ってしまうと、種を蒔こうともしなくなってしまう。つまり、種を蒔くこと自体を諦めてしまうのです。
せっかく春が来ても、それに気づかず種を蒔くことなく過ごしてしまうと、夏が来ても花が咲きません。こうなってくると、「自分だけがうまくいかない」という思い込みが現実になってしまいます。

 

自分の季節を知ることで行動を選べる

季節はすべての人に平等に巡ってきます。
しかし、過ごし方は人それぞれ。
夏の間に楽しかったからと、風の吹きすさぶ砂浜で「寒い寒い」と文句を言いながら過ごすのか。
それとも、家の中に入り、ストーブにあたりながらゆっくりまったりと過ごすのか。
人によっては、スキーやスノボなど、全力で冬を満喫する方もいるでしょう。

「今は冬だから外は寒い」ということを知ってさえいれば、自分で行動が選べるのです。

また「これから冬が来る」ということがわかると、なおさら選択肢が増えます。
冬が来る前に扉の隙間をふさいだり、断熱材を入れたりと準備をすることで、より快適にあたたかく冬を過ごすことができます。

自分は今どの季節にいるのか。調べてみませんか?

「お金に困らない星」を持っていますか?

占いをしていてよく聞かれるのが、「仕事運」「恋愛運」そして「金運」です。

「今年の金運はどうか」
「定年後の生活は大丈夫か」
「今アタリをつけている不動産を買ったほうがいいか」など。

いくら精神性が大切だとはいっても、私たちは物質としての身体を持つ存在。
お金の問題は、現実面・物質面につながっています。
切り捨てたくても切り捨てられません。
(「引き寄せの法則」を信じてお金をどんどん使った結果、新たに入って来ずに困窮したなんて話もたまに聞きます。精神性の高みを追求するだけでなく、肉体を持つからこその重みを経験することが自分の使命なのだと私は考えています。)

東洋占星術では、お金や愛など、「豊かさ」を象徴する星があります。
(西洋でいう金星に近いですね。)
この星を持っていると、一生お金に困らないと言います。
「困らない」は言い過ぎかもしれません。
多少困ったとしても、必要な分がどこかからか転がりこんでくるという星です。
もともと実家が裕福な人もいますし、
いざというときに手を差し伸べてくれるつながりを持っている人もいます。
貯金がゼロという人もいますし、それほど使わないからそれほど入ってこない人もいます。

ここまで読んで、
「困ってないとも思わないけれど、そういえばいつもなんとかなっている」
と思われた方。
この星を持っているかもしれません。

逆に、「いつもカツカツだし、今月の支払いもやばい!」なんていう方。
もし、この星を持っていなかったとしても乗り越える方法があります。
関わる人を変えることです。

といっても、友人や恋人では、相手の財政状況が自分に深く影響することはあまりないでしょう。
それよりは、仕事のつながりです。
会社勤めで内勤の方は難しいかもしれません。
営業など、外の人と関わる方や、自営業の方の場合は
取引相手や仕事場のパートナーにこの星があると、お金がうまく流れていきます。

いちばん変化がわかりやすいのは「結婚」です。

結婚というのは、紙一枚の契約ではありません。
運命を共にしようという約束であり、覚悟です。
相手が豊かさの星を持っていると、それは自分にも如実に影響します。

もちろんこれは、豊かさの星に限ったことではありません。
相手と自分の持っている星が近ければ、深く理解し合える結婚になるでしょう。
もし、真逆の星を持っているならば、お互いの得意な分野で相手の苦手な分野を補い合うことができるでしょう。

結婚はただの制度ではなく、陰陽が結びついた形だということです。
(脱線しました。)

月天中殺について

私にとって、2月と3月は天中殺の時期に当たります。
(東洋占星術でいう月の区切りは、カレンダー上の1日ではなく、節気を区切りとしています。そのため、正確には立春(2月)から清明(4月)の前日までが、東洋占星術でいう2月と3月です。)(2017年で言うなら、2月4日から4月3日までです。)

 

天中殺って何?

天中殺とは、120年に20年(大運天中殺)、12年に2年(年天中殺)、12月に2月(月天中殺)誰にも等しく巡ってくる季節のこと。特に年天中殺と月天中殺では「悪いことが起こる」と言われがちです。
(参考記事:天中殺の時期に新しいことをはじめるのはだめなのか?

この時期は「天の加護が受けられないため吹きっさらしの状態になる」なんて言われ方もします。
それまで温室でぽかぽか育てられていた植物が、2ヶ月だけ外にさらされるようなイメージ。
今までぽかぽかとあたためてくれていた太陽は直接ぎらぎらと照りつけ、夜になると気温の低下が身にしみる。
しかし2ヶ月たてば元に戻れるので、じっとして待っていようという季節です。
(たとえば、夜寒いからと言ってこの時期にストーブを設置してしまうと、温室に戻ったときにそのストーブが不要になってしまいます。1万円程度のストーブならともかく、何百万と設備投資してしまうと後が大変。これが、天中殺の時期に就職、結婚、起業、家の購入など、大きく物事を動かさないほうがいいと言われる所以です。)

 

私の天中殺の過ごし方。

2月3月に月天中殺を迎えるタイプの人は、天中殺の時期にあれこれと動きがち。
しかし、これは車の給油ランプが点滅しているのに、新しい目的に向かって走り出してしまうようなもの。
出だしが好調でも、やがてガス欠を起こしてしまいます。
特に、天中殺も明けた5月くらいに燃え尽きてしまう人が多いです。
(正に5月病ですね。)

私の天中殺の過ごし方としては、なるべく予定を入れないことです。
なんとなく本調子じゃないなあと感じる日が多いので、休む時間をとれるようにスケジュールに余裕を作ります。
(2年前は2週間のアメリカ旅行をぶちこんでしまいましたが、あれこれ動き回っていろいろ見に行ったりする気力が湧かず、ゆっくりのんびり過ごす旅行になりました。)

それから、今年は特に春以降動き出すための準備を着々と進めています。
新しい計画が3本、同時進行で進んでいます。
占いについても、新しいメニューやプログラムを用意しています。

春が待ち遠しいですね。

トミー・リー・ジョーンズを勝手に鑑定!

最近、映画「ダブル・ジョパディー」を見ました。
缶コーヒー「boss」のCMでもお馴染みのトミー・リー・ジョーンズ氏が、主役を見守る(?)保護観察官として出演していました。出世作「MIB」では「真面目に演じていてもどこかコミカル」という理由で抜擢されたそうですが、真面目な役もかっこいいですね。
今回は、そんなトミー・リー・ジョーンズ氏を勝手に鑑定してみたいと思います!
 

トミー・リー・ジョーンズ氏の人となり

自由を求め、ロマンを愛する人です。
そして、学び続けるという使命を持つ人。
(ここまではベネディクト・カンバーバッチ氏と同じですね。)
なかなかバランスよく、いろんな資質をお持ちです。
(偏っていることで天才型になることもあるので、バランスがいいことが必ずしもいいこととは限りません。)

穏やかで話しやすい人、という第一印象を持たれることが多いのではないでしょうか。
しかし、内面は結構クール。
愛情深い人ではありますが、理知的なので、人によっては「冷たい」と感じることもありそう。
それでも、他者に喜んでもらうことで自分も喜ぶことができる人です。
そして几帳面。場合によっては細かいと思われることもあるでしょう。
感受性が豊かなので、相手の気持ちを理解することが得意だと思います。
ただし、表立って共感したり心配したりするというよりは、そっと気にかけていてくれそうです。
(トミー・リー・ジョーンズ氏が上司だったら、素敵でしょうね!)

演技においても、まずは観察し研究して役を知り、それから共感するタイプだといえます。

才能を見ていくと、やはり学ぶこと、習得することがとても得意です。
ただし、得意なことと好きなことが同じとは限りません。
彼が満たされるのは、自分が必要とされている場において。
ファンに応援してもらったり、自分の演技を大切な人が喜んでくれることで「やってよかった」という気持ちが芽生えそうです。
賞をもらうとか、著名人に評価されるというよりも、日常の中の充実感をしあわせと感じられる人。
俳優の道は、彼にとっては学ぶこと、発見することの多い道なのだろうと思います。

 

トミー・リー・ジョーンズ氏の今後

2014年からの10年間は、のんびり穏やかな雰囲気です。
それまでの20年間は自分のやりたいように伸びていく期間でしたが、もうしばらくは仕事以外の部分が充実した10年間になりそうです。
ただ、今年は特に身内との揉め事が起きやすい時。
家族や近しい人との関係に気をつけるといいと思います。

また、もともと精神的に病みやすい傾向があります。
もし今まで大きな問題がなかったのであれば、今後問題がでてくる可能性もあります。
あくまでも傾向なので、ストレス等うまく発散できればだいじょうぶでしょう。

2020年は、エネルギーに溢れすぎて動きすぎてしまうかも。体調にはくれぐれも気をつけて。
2022年は未来が広がっていくような年です。
また新たな一面を見せてくれるのでしょうか。今後も楽しみにしています。

2017年3月:癸卯の月

2017年も早くも3月に入りました。
今日は啓蟄。
冬の間はじっと寒さから身を潜めていた虫たちが、穴から出てくる頃。
田舎の我が家はそろそろいろいろな対策をしなければなりません。

東洋占星術では今日から3月になります。
年度末や確定申告など、皆それぞれに忙しい時期。
どう過ごしたらいいでしょうか。

 

2017年3月はどんな月?

今月は、癸卯(みずのと・う)の月。

癸は、雨。
陰陽五行では「陰の水」です。
雨露が、いろんなものを吸収しながら地面に降り、
時間をかけて河となって流れていく。
吸収、蓄積というのがひとつのポイント。
イメージとしては正に「雨垂れ石を穿つ」という感じ。
静かながらも忍耐強く、内にパワーを秘めている。
季節でいうと、冬。
冷たい土の中で、種子たちが芽吹くのを今か今かと待っている状態。

卯は、春。
同じ春でも、寅はどちらかというと「伸びていく」という動きに着目しているのに対し、
卯は、むしろ横並びの草ぼうぼう感というイメージ。
冬の間はどうせ草も枯れているからと放置していた土地が、
ふと気づいたら草が生い茂っていた、みたいな。
もう少し言うならば、寅はトラが獲物を狙って脇目も振らず走っていく様子。
卯はウサギたちが野原をぴょこぴょこ駆け回っている様子。
同じ「春」で「木」ですが、ニュアンスの違いは伝わったでしょうか。

このふたつの組み合わさった「癸卯」は、静かながらも着実な前進のイメージ。
特に「水は木を生ず」という関係性なので、癸は卯を助けてくれます。
冬の間にあたためていたプランをどんどん動かしていくとか
今まで準備していたことが一斉に芽吹いてくるとか。
ここまで蓄積していたもの、忍耐強く待っていたことなどが呼び水となり
成長や変化につながっていきそうです。

2017年2月:壬寅の月

まだ始まったばかりと思っていた2017年も、もう2月が終わろうとしています。

2017年は丁酉(ひのと・とり)の年。
東洋占星術では、2月4日立春から新しい年のはじまりです。
今年は、そして今月はどんな雰囲気の一ヶ月でしょうか。
 

2017年はどんな年?

丁とは、灯火。
陰陽五行でいうなら「陰の火」です。

煌々と辺りを照らすというよりは、
粛々と燃え続ける、バースデーケーキの上のろうそくのようなイメージ。
決して強い光ではないけれども、闇の中でこそ赤々と映える。
そして、それを見つめる人々の心をあたたかく照らします。
しかしその一方で、火傷や火事をもたらす危うさも持ち合わせています。
見入ってしまうような静けさと、全てを燃やし尽くすほどの激しさ。
そのどちらもを併せ持つ火の性質です。

酉は、秋の収穫の頃を表します。
陰陽五行でいうなら「陰の金」です。

暑い夏が終わり、あらゆるものが成長を止め熟しきったところ。
花は実となり、熟れて成熟を迎え、その後種を残し縮んでいきます。
老いのはじまりともいえます。
しかし、収穫を迎えられるのはこれまで正しい時期に種を蒔き育ててきたから。
種を蒔いていたとしても、もし何の世話もしていなかったら思うような収穫は得られません。
これまでの季節の過ごし方、生き方が明らかになってくる時期ともいえます。

このふたつが組み合わさった「丁酉」は、一見落ち着いた印象です。
しかし陰陽五行では、「火は金を剋す」という関係。
つまり、火は金を打ち消してしまうのです。
火種を抱えたまま収穫期を迎え、果たして無事に収穫できるのか…?という、
不穏な空気を感じます。
 

2017年2月はどんな月?

今月は、壬寅(みずのえ・とら)の月。

壬は、大海。
陰陽五行では「陽の水」です。
スケールの大きさ、そして新しいものを生み出す力。
どれだけ海を眺めていても、同じ波の形は二度と見られません。
絶えず変化し続けるイメージです。

寅は、春の芽吹き。
陰陽五行では「陽の木」です。
人知れず大地に根を下ろした種が、ついに頭上の土を押しのけてその姿を現し、
太陽に向けてぐんぐんと伸びていきます。

このふたつが組み合わさった「壬寅」は、とても雄大で力強い印象。
しかも、「水は木を生ず」という相生関係。
つまり、水は木を養い育ててくれるのです。
豊かな水のエネルギーを背景に、どんどん物事が育っていく月になりそうです。

さらに、「丁酉」と「壬寅」を組み合わせると、
金を剋す火の勢いが水で弱められ、収穫が近づきそう。
しかし、木は金に剋されるので伸びるスピードは落ちそう。
勢いはありながらも、結果を意識する一月になりそうです。

ドミニク・パーセル氏を勝手に鑑定!

前回は海外ドラマ「プリズン・ブレイク」の主役マイケルを演じた、ウェントワース・ミラー氏を鑑定してみました。今回は「プリズン・ブレイク」ではウェントワース・ミラー氏の兄役を、「レジェンド・オブ・トゥモロー」ではコンビ役を演じるドミニク・パーセル氏を勝手に鑑定してみました。

 

ドミニク・パーセル氏のひととなり

ひとことでいうと、ものすごく個性の強い方です。確立した「自分」というものをしっかり持っていて、マイペース。そして現実的。といっても人当たりがよいので、初見ではその芯の強さはわからないかもしれません。相手の話は聞く。けれども最終的に自分の決めたように行動する人です。
ひとりでいる時間もきっと大切にしているでしょう。とはいえ、他人との関わりは彼にとって大切なものです。
発想が自由で、「一般的にはこうするもの」という世間の常識を軽々と超えていきます。そして、のんびり気ままな生活が好き。他者からどう思われるかということがあまり気にならないので、周りがみんな敵であったとしても自分の向かうべき道を行きすべきことをするだけという、なんだかまるで侍のような方のようです。

ウェントワース・ミラー氏の星図と比べてみると、なんだか似ている要素をたくさん持っています。多くを語らなくてもなんとなくわかりあえる関係でしょう。美味しいものが好きなところも一緒。向かいたい方向はふたりとも似ているのですが、ミラー氏が論理的に「どう行けば辿り着けるか」を計算するタイプなのとは対照的に、パーセル氏は「あっちに行きたいから行く」と何も考えず向かって行ってしまうタイプ。しかし、たとえ途中に藪があろうが川があろうが、力押しでなんとかしてしまうほどのパワーがあります。

26歳からの10年間は、精神的に追い詰められるようなことがあったかもしれません。エネルギーが強すぎて、自分をも焦がしてしまいそうな配置でした。(エネルギーは多ければいいというものではありません。エネルギーの量にあった過ごし方があります。)
その後はだいぶ落ち着いて、2015年までは他人に対して関わりたくなる時期、2016年からは日々の暮らしを大切にする時期に来ています。エネルギーとチャレンジ精神に溢れるパーセル氏ですから、気持ちが外へ向かうことが多いのではないかと思いますが、この時期は自分のいるところにより意識が向きそうです。
 

ドミニク・パーセル氏の今後

パーセル氏も来年から天中殺。ミラー氏と一緒ですね。ここまでをどう過ごしてきたかでこの2年間は変わります。そして、2020年は春のはじまりでもあり、ものごとが不思議な広がりを見せそうな年です。暖かい雰囲気の年ですから、仕事をがつがつというよりは、それ以外の部分に広がっていきそうな年です。

ウェントワース・ミラー氏を勝手に鑑定!

私は海外ドラマが結構好きでいろいろ見ましたが、何よりもはまったのは「プリズン・ブレイク」。主人公のマイケルとその仲間たちはもちろん、敵も味方も魅力的なキャラクターぞろいで、何度も繰り返し見ていました。(みんな好きだけど、アレックスとティーバッグが大好きです!)

そのプリズン・ブレイクが、満を辞して復活!
(参考:「プリズン・ブレイク シーズン5」公式サイト
なんと今夏から放送のようです。ただし、うちにはテレビがないのでDVDの発売待ち。マイケルたちの活躍が今から楽しみです。

今回は、主役のマイケル・スコーフィールドを演じるウェントワース・ミラー氏を、東洋占星術で鑑定してみました!

続きを読む “ウェントワース・ミラー氏を勝手に鑑定!”

ロバート・ダウニーJr氏を勝手に鑑定!

ロバート・ダウニーJr氏が大好きです。

はじめて見たのは「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のカリスマレポーター、ウェイン・ゲイル。脇役でありながらも強烈な個性で、主役のふたりと同じくらい私の記憶に残りました。とにかくしゃべる。しゃべる。しゃべる。そして早口。しかしテンポや抑揚の強弱でその語り口に引き込まれてしまうのです。

しかし、彼がアメコミヒーロー役をやると聞いたときには、まったくぴんと来なくて見に行きませんでした。まさか、あんなにはまり役だったとは!!! 今ではすっかりアイアンマンとアベンジャーズ(そして関わるすべてのMCUのキャラクター)の大ファンです。

前回のベネディクト・カンバーバッチ氏とは、MCU作品の主演というだけでなく、シャーロック・ホームズ役という共通点もあります。今回はそんなロバート・ダウニーJr氏を勝手に鑑定してみました!

続きを読む “ロバート・ダウニーJr氏を勝手に鑑定!”

ベネディクト・カンバーバッチ氏を勝手に鑑定!

ベネディクト・カンバーバッチ氏主演「イミテーション・ゲーム」(2014)を見ました。

「Amazonビデオでおすすめに表示されたから」という理由だけで(プライム会員だと見放題なのです)なんの予備知識もなく見ましたが、とても見応えがありました。映画の舞台となっている第二次世界大戦当時の情勢に想いを馳せたり、実話ベースだという主人公たちの選択の結果について考えてしまったり。
静かながら余韻の残る、美しい映画でした。

主演のベネディクト・カンバーバッチ氏は、2015年には大英帝国勲章コマンダーを授与されているそうで、現在公開中のMARVEL作品「ドクター・ストレンジ」でも主役を務めています。まさに今話題の俳優さん!
そこで今回は、ベネディクト・カンバーバッチ氏を勝手に鑑定してみました。

続きを読む “ベネディクト・カンバーバッチ氏を勝手に鑑定!”