2017年3月:癸卯の月

2017年も早くも3月に入りました。
今日は啓蟄。
冬の間はじっと寒さから身を潜めていた虫たちが、穴から出てくる頃。
田舎の我が家はそろそろいろいろな対策をしなければなりません。

東洋占星術では今日から3月になります。
年度末や確定申告など、皆それぞれに忙しい時期。
どう過ごしたらいいでしょうか。

 

2017年3月はどんな月?

今月は、癸卯(みずのと・う)の月。

癸は、雨。
陰陽五行では「陰の水」です。
雨露が、いろんなものを吸収しながら地面に降り、
時間をかけて河となって流れていく。
吸収、蓄積というのがひとつのポイント。
イメージとしては正に「雨垂れ石を穿つ」という感じ。
静かながらも忍耐強く、内にパワーを秘めている。
季節でいうと、冬。
冷たい土の中で、種子たちが芽吹くのを今か今かと待っている状態。

卯は、春。
同じ春でも、寅はどちらかというと「伸びていく」という動きに着目しているのに対し、
卯は、むしろ横並びの草ぼうぼう感というイメージ。
冬の間はどうせ草も枯れているからと放置していた土地が、
ふと気づいたら草が生い茂っていた、みたいな。
もう少し言うならば、寅はトラが獲物を狙って脇目も振らず走っていく様子。
卯はウサギたちが野原をぴょこぴょこ駆け回っている様子。
同じ「春」で「木」ですが、ニュアンスの違いは伝わったでしょうか。

このふたつの組み合わさった「癸卯」は、静かながらも着実な前進のイメージ。
特に「水は木を生ず」という関係性なので、癸は卯を助けてくれます。
冬の間にあたためていたプランをどんどん動かしていくとか
今まで準備していたことが一斉に芽吹いてくるとか。
ここまで蓄積していたもの、忍耐強く待っていたことなどが呼び水となり
成長や変化につながっていきそうです。