「タロット占いは難しい」と感じたときに知っておきたい3つのポイント。

「タロット占いに興味があって、カードも持ってるんですけど、うまく占えなくて」というお話を時折伺います。
今はいろんな書籍も出ていますし、書店でもタロットカードを見かけます。「タロットカード」といっても神秘的な図柄から、可愛い雰囲気のカードまで様々です。78枚全部そろったデッキからはじめてもいいですし、22枚の大アルカナだけのデッキも選べます。タロット占いは、とてもはじめやすい占法だと思います。

ただ、いざ本を見ながら占おうとしてみても、どう解釈していいのか迷ってしまう。
カード(特に小アルカナ)の意味がなかなか覚えられない。
そのうち面倒になって遠ざかってしまう…。

そんなことはありませんか?
私もはじめはそうでした。
私が独学でタロットを学ぶ中で身につけた、タロット占いが上達するコツを3つお伝えします。

1.考えるな、感じろ
2.自分の感覚を信じる
3.毎日カードを引き続ける

 

1.考えるな、感じろ

私は良くも悪くも知識先行型なので、何かをはじめるときには必ず、まずはあれこれ書籍を買い集めます。

同じテーマについて書かれた本を読み比べると、多くの場合は共通項が見つかります。どの本にも共通して書いてあることは、重要なポイントだと考えて間違いないでしょう。他の部分については、著者によって解釈や理解にばらつきがあるということです。

しかし、タロットの本は、読めば読むほどわからなくなりました。
カードの切り方、並べ方(展開法)、逆位置を採用するかどうか…など、タロットの基本ルールが著者によってかなり違うのです。強いていえば「スリーカード」と「ケルト十字法」は必ず載っていましたが、カードを置いていく順番が違ったり、それぞれの位置に対応する意味が違ったり。また、カード一枚一枚の解釈も、大まかな意味は同じでも、真逆の意味が入っていることもあって混乱しました。

いったい何が正しいのか。

結論からいうと、なんでもいいんだと思います。
これだけいろんな人が全然違うことを書いているということは、タロットの世界には正解も間違いもないということ。間違った解釈というのがあるわけではなく、その場に必要なカードが出るようになっているのだと思います。

大切なのは、それぞれのカードの意味を考えて論理的に構成するのではなく、タロットからニュアンスを感じとること。実際に、タロットカードをよく知らないのに、タロットの絵柄を眺めただけでそのカード本来の意味を言い当てる方もいます。
タロットカードを、頭ではなく心で受け取ること。これがいちばん大切です。

 

2.自分の感覚を信じる

カードから受け取るということは、どのデッキを使っているかが重要になってきます。
そういう意味で、最初のカード選びはとても大事。

私がタロットを勉強し始めてしばらくの間は、定番中の定番、ウェイト版を使っていました。
小アルカナにもすべて人が描かれていて、読みやすいと買いてあったからです。
しかし、当時の私の占いはぎこちなく、自分の解釈に全く自信が持てませんでした。

あるとき、タロットカードを何種類も置いてあるお店に行きました。
せっかくだからひとつ買って帰ろうと思い、ひとつひとつ手に取って眺め、最終的にひとつのデッキを選びました。それが今現在使っているトート・タロットです。このカードを買ってから、急にカード一枚一枚の意味がつながってくるようになりました。

もし、今ウェイト版を使ってみたら、当時よりしっくり来るのかもしれません。
しかし、トート・タロットとの出会いがなかったら、私が占い師になることはきっとなかったでしょう。

自分の心がいいと思うタロット・デッキを使うこと。
(できれば、直接見て選べるといいですね。)
そして、そのデッキを信頼し、自分の感じとった解釈を信じること。
カードの顔色を伺ってびくびくおどおどしていると、カードも本音を話してくれない。
そんな気がします。

 

3.毎日カードを引き続ける

カードと信頼関係を築くことは、とても大切です。
(もしあなたが本当にお気に入りのデッキを手に入れることができたら、私が言わなくても毎日引きたくなっていると思います。)

私は毎朝、その日1日を思いながら3枚引きます。
「Body(身体感覚)」「Mind(知性・精神)」「Sprit(霊性)」の3枚。
私がその日感じる感情。自分が考えること。そしてアドバイスです。
出たカードと、自分の解釈をノートに書き留めます。

一日が終わったら、その日を振り返りながらカードと答え合わせをします。
そうすると「このカードは、こういう意味だったのか」と気づくことがあります。
これを繰り返していくうちに、それぞれのカードの意味が表面的な理解からどんどん立体的な奥行きを持ち始めます。
朝時間がなければワン・オラクル(1枚)でもいいでしょう。

人は、会う回数が多ければ多いほど相手に親しみを抱くと言います。
カードも同じ。
お互いコミュニケーションを取り続けているうちに、相手のことがわかってきて、だんだん誤解や早とちりが少なくなります。

 

タロットカードの面白さ

タロット占いの面白さの一端は、「当たる」「当たらない」という二元論を超えて、自分自身の直感が研ぎ澄まされていく感覚にあるのではないかと思います。電話を通じて遠くにいる人と会話ができるように、タロットカードを通じて自分自身(あるいはハイヤーセルフと呼ばれたりする存在)とコミュニケーションがとれる。

もしお手元に眠っているタロットカードがあったら、ぜひ揺り起こしてあげてください。